2009-07-15 -TZALIK- in Thor


 ヽ^シ'ヮ')ノシ ないんぼーるせらふ♪ (挨拶

 昨日はROをプレイどころか起動していないこともあって、ひとつ勘違いしていました。
 新MAP、エピソード8.0アッシュバキューム。素で今日の実装だと思い込んでいました。てへ。まあいいか! いやよくねえよ!
 バキュームは真空とか掃除機とか、吸い込まれる系の単語。
 こんばんは、サンダーバキュームボールしか思い浮かびませんでしたTZALIKです。

見えるだけ

 光と闇がそなわり最強に見える、系の表現。見えるだけ。
 うっかり道具袋に入れたまま忘れて、これで身体を固定してバンジーとか……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルw

 さてそのバキュームですが、いわゆる異世界MAP。初めて入るためには結構な手間がかかるらしく、数日がかりの日記になるかな……と思っていたらお米さんの手引きであっさり入場できました(;´▽`A``
 ありがたやありがたや(;´▽`A``

森と泉に囲まれて

 居合わせたワルさんと共に、異世界に入場。何やら暗いマップで、三つの島? が長い橋で繋がっておりました。
 スタート地点付近のNPCはなぜか二足歩行の猫さん。そう言う種族らしいです。ガルルさんというお名前の方もいらっしゃいましたが、残念ながらカエルではありません……

メダカのきょうだいは川の中〜

 そしてなぜか水辺には魚の群れ。クリックすると頭上に詠唱バーが出まして、これが消えるまでじっとしていると結果が表示されるという、いわゆる『釣りゲーム』。ボウズだったり何かがもらえたりするようです。
 ワルさんはみごとに「まかじき(真旗魚)」をGET。TZALIKは……なぜか切り身がいっぱい取れました(T-T

 さてサカナ繋がりじゃないですが、付近のネコさんにも話を聞いてみましょう。

黒猫のタンゴ、タンゴ……

 白猫でちょっと精悍な感じの、どっちかというとサムライみたいな出で立ちのネコさんですが、話をしてみるとやたらかわいいのですw
 しかもどっかで会話したことあるような口調で……('-'*)ゞ

 このネコ族、じつはルーンミ(略)とも別の大陸にいた種族だそうで、あるとき航海中に突然口を開けた次元の狭間に飲み込まれ、ルーンミ(略)大陸に流れ着き、そこで生活していました。
 その大陸とは「猫の手島」というらしいのですが、彼らはやはり故郷に帰りたい。その方法をいろいろさがしていたとき、モロクにあのときにそっくりな狭間が現れたことを聞き、乾坤一擲の思いで飛び込んだのだとか。
 しかし、不運にもたどり着いたのはこの異世界。唯一にも思えた故郷への繋がりが幻だったと判った時の彼らの失望と絶望はいかばかりだったでしょう……というのがココまでの流れ。

 しかし彼らは諦めていません。ここでもカプラサービスに似た猫の手サービスという商売? を始めるようですw 応援してますがんばれw
 シロ○コヤマトでしょうか。がんばれ。

 閑話休題。

イチ、ニ、サンバ ニイ、ニ、サンバ

 お米さんがもう一人ゲストを召喚。結婚スキルのあなたに逢いたいで現れたのはみめるさんでした……ん?

 ・間投詞が「にゃあw」「にゃーw」
 ・「でしたー」と伸びる語尾
 ・ほんわかする雰囲気

 ……ああ、ネコ族の口調にデジャヴを感じると思ったらみめるさんでした。
 ナゾはすべて解けた(=´-`)

3、2、1、0、Bugってハニー

 その後はざざっと島全体を一周したのですが……長い橋の途中でなぜかキャラがバグったり。処理が重くて追いついてなかったんでしょうか。
 実害はないのでスルーw

手強い敵はウジャウジャいるぞ

 中央の島では何やら不気味な光を放つ球体が……
 あまりにも巨大で一画面に収まりません。しかも今キャラがいるところから上には侵入不可。ここにPTメンバーが並べば、RPGのラスボス戦直前の口上タイムみたいですよね!
 ウボァー!

 他にはジスクリエさんと同じ姿のNPCがいてTZALIKが喜んだり、それに見とれてTZALIKだけ迷子になったりといろいろありましたがいい時間になったので解散と相成りました。

 明日以降、自力で入場できるようにクエスト進めていこう……('-'*)ゞ



Copyright(c)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin. All Rights reserved.

inserted by FC2 system