2005-11-27 -TZALIK- in Thor


 チーズが昨日の格好のままログアウトして、今日ログインして、カプラ倉庫に行ってみるとこんな感じ。↓

さる○○

 そっくりさん('-'*)ゞ

 若い頃(?)のTZALIKですかねぇ('-'*)ゞ


 先日お話ししたとおり、ギルド内ではサインクエストが真っ盛り。
 その手順とかの話をしていたら、何かウンバラ語の習得が必要だとか。

 そんなの覚えてないぞ?('-'*)ゞ
 TZALIKがしゃべれるのはルーンミッドガッツ公用語とイモ語だけですのん。

 ギルマス : じゃあおぼえてら

ぽいっ

 ぽいっとポタがでて、ぽいっと投げ込まれたTZALIK。あーれー。

酋長を捜せっ

 酋長の人と会話中。一番えらい方が直々に教えてくださるなんて、なんて素晴らしいポタ前留学なのでしょう(謎

 INTひとケタの頭で一生懸命単語を詰め込んでいると、スノウさんが、

げふΣ

 げふΣ(゚ ゚ ;

 噴いた弾みで詰め込みかけてたモノが吹き飛びました!(つД`)
 えーと、なんだっけなんだっけ(==

 ……………………。
 ものの数分で完全に習得したので(ぉぃ)、さっそく外に出て地元の人と会話してみましょう。

 子供 : はらへったー 肉くれよー
 TZALIK : やった、理解できましたよ! 肉くれって言われた!

ふっ。

 TZALIK : だが断る。

 肉など私が欲しいくらいですよふっふ〜んヽ(´▽`)ノ♪
 言語の習得が嬉しかったのか、舞い上がったようにくるくるとウンバラのあちこちを歩き回り、動き回り、飛び回り、




お約束

 転落。

 魂だけになったTZALIKは時計塔→ゲフェンへと帰還。



 戻ってきたらすぐ精錬大会だとかでジュノーへ。
 なんでジュノー?(’’;

 ホル屋が重いからナノカナ。

 今回の主役はBS版ワルさん。
 なんと真っ白いツノを精錬するというのです。

ツノ

 言われてみれば。('-'*)ゞ
 取り囲んでますね、プリースト。

(´・ω・`)

 はいはい気づきませんでしたとも。゜゜(ノ□`)゜ ゜。
 言われて初めて……(汗

 さて本番の方。
 真っ白いツノ数本、エル30個という太っ腹な材料を持って精錬開始。
 しかし装備した状態でしか出来ない精錬っていったい。
 兜ならかぶったままハンマーで……ブルブル

ツノ

 結果は……4本のツノで挑戦した結果、+7ツノが1個成功。
 総計3Mzくらい吹っ飛んだそうですが、何はともあれおめでとうございます。

 頭突きとかにも使えたらいいですよね、そのツノ。('-'*)ゞ

Copyright(c)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin. All Rights reserved.

inserted by FC2 system